参加チケット

松岡恭子『街を知る 福岡・建築・アイデンティティ』出版記念祝賀会 参加申し込みSold Out

1002
1002

謹啓 歳末の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

このたび松岡恭子氏(株式会社スピングラス・アーキテクツ代表取締役、株式会社大央代表取締役社長、NPO法人福岡建築ファウンデーション理事長、一般社団法人都心空間交流デザイン代表理事 )におかれましては

『街を知る 福岡・建築・アイデンティティ』(古小烏舎 発行)を出版されました。

本書は松岡氏が10年間、産経新聞にて連載してこられましたコラムをまとめ直し、新たに項目を加えて、福岡の街にある名建築のストーリーを中心に海外の街の話も盛り込まれたものです。更新を続ける街・福岡において正に時宜を得た好著として惜しみない賛美の声が寄せられています。

つきましては下記日程により出版記念祝賀会を開き松岡氏のご業績をたたえ祝意を表したいと思います。

ご多忙とは存じますが 万障お繰り合わせの上ご出席くださいますようご案内申し上げます。

敬 具

令和5年12月吉日

日時 令和6年2月2日(金)午後6時から午後9時まで

開場:午後5時30分

第一部 午後6時~7時 出版記念講演会

第二部 午後7時~9時 出版記念祝賀会

場所 西鉄グランドホテル(鳳凰の間)
福岡市中央区大名2丁目6ー60 電話(092)771ー7171

会費 一万一千円(税込)

(クレジットカード事前決済、銀行振込、又は当日現金持参にてお願い申し上げます)

発起人 青木麗子 大塚ムネト 大野祐子 桑野和泉 最首英裕 サーズ恵美子
佐野隆 清水信彦 深町健二郎 淵郁子 前田哲 松山将勝 吉田寛史 (五十音順)

出席されます方は、1月19日(金)12時までにお申し込みください。

発起人代表  大 野 祐 子

松岡 恭子 著『街を知る 福岡・建築・アイデンティティ』(古小烏舎)

出版年月:2023年12月/ISBN:978-4-910036-05-2/判型・ページ数:四六判・160ページ

定価本体:1600円(税別)

 

【本書の紹介】

まず自分の街を、知ることから始める。

人任せのまちづくりではなく、街を自由に語り合えるように。

更新を続ける街・福岡。大規模再開発で生まれ変わろうとしているこの街を実験場に、また世界の街の事例から、他のどこでもない、街の「らしさ」について考える。

知っている街、見慣れたはずの街にある「普通」のなかに、どれだけ素晴らしいものがあるかをきちんと見る。街について語ることが途切れてしまった私たちは、今一度、街を知ることから始める。

*建築写真家・針金洋介氏他撮影のカラー写真多数掲載

 

【目次より―本書で紹介する主な項目】

Ⅰ 街をかたちづくる建築

アクロス福岡/福岡銀行本店(黒川紀章)/西日本シティ銀行本店(磯崎新)/ぐりんぐりん(伊東豊雄)/村野藤吾と八幡/福岡市美術館(前川國男)/大濠公園能楽堂(大江宏)/西鉄グランドホテルと天神ビッグバン/天神ビル/福岡ビル/ヴォーリズと西南学院

Ⅱ 街の記憶を読み、景観をつくる

天神地下街 長生きするデザイン/都市景観の一要素 バスのデザイン/ヨーロッパのパサージュと日本のアーケード/都市の文化力とは何か ポートランド/ニューヨーク・ハイライン/更新を続ける周縁 コペンハーゲン/世界一の美食の街を訪ねて スペイン・バスク地方/日本統治時代の建物を生かす台湾/新北九州空港連絡橋/熊本百年の計 都市デザインの真髄/建築は文化、建築は社会資産/私がデザインした集合住宅 街に込めた想い/自分の街への誇りを育む オープンハウスネットワークジャパン/訪れたくなる都心をつくる社会実験 One Kyushuミュージアム

 

【著者】

松岡 恭子(まつおか きょうこ)

1964年、福岡市生まれ。建築家。株式会社スピングラス・アーキテクツ代表取締役、株式会社大央代表取締役社長。NPO法人福岡建築ファウンデーション(FAF)理事長、一般社団法人都心空間交流デザイン代表理事。九州大学建築学科卒業。東京都立大学大学院、コロンビア大学大学院修士課程修了後、ニューヨークで設計活動を開始。様々な建築物やプロダクトに加え、公園・橋梁など大規模な土木構造物のデザインも手がける。国内外の大学でデザイン教育、地域づくりにも従事。主な受賞歴:日本建築学会建築九州賞作品賞、日本土木学会田中賞、他多数。

在庫状態 : 売り切れ

販売価格  ¥10,000(税別)

SOLD OUT