北九州市 響灘沈艦護岸 |軍艦防波堤

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年の初フライトは北九州市若松区にある軍艦防波堤を撮影してきました。戦後の軍備解体により帝国海軍の艦船は戦勝国に引き渡されたり沈められたりしましたが、一部の艦船は解体された船体が防波堤として利用されたそうです。

3隻の駆逐艦の中で原型を留めていたのは「柳(初代)」のみでしたが、1917年(大正6年)に進水し、第一次世界大戦や第二次世界大戦をくぐり抜けてきた艦体はコンクリートの中に埋没し、多くの釣人たちが釣りを楽しむ平和なスポットとして親しまれていました。

北九州市 響灘沈艦護岸 |軍艦防波堤

戦後、駆逐艦「涼月」「冬月」「柳(初代)」の3隻の船体を沈設して作られた防波堤です。年月を経るうちに船体の崩壊が進み補修工事を繰り返す中で、「涼月」「冬月」はコンクリートで完全に埋設されましたが、「柳」は船体上部の原形を約80mにわたり留めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

PAGE TOP