バングラボ 次世代プログラマー市場とその可能性セミナー

1-バングラディシュセミナー2015
24歳以下の若者が1億人存在する若者の国バングラディシュ
~プログラマー1,000人育成プロジェクト~

バングラボ

次世代プログラマー市場とその可能性セミナー

Evans Data Corp.のGlobal Developer Population and Demographic Study によると、2013年に1,800万人だった世界のプログラマー人口は2018年には2,600万人に増加する見通しで、今後もIT業界の拡大が見込まれています。また現在は、世界中でプログラマーが不足しており、米国のNPO、Code.orgは、米国では2020年までに100万人のプログラマーが不足すると発表しています。日本でも、IT人材は不足しており、また、オフショアITサービスを求めるIT企業も多数存在します。

バングラデシュには通学形式、インターネット経由を問わずプログラミングスクールは数える程しかありません。その一方、バングラデシュは人口約1億6000万人を抱え、その65%を24歳以下の若者が占める若年層中心の国です。バングラデシュの国民は経済的には恵まれていなくとも、勤勉で意欲が高い若者が多く、プログラミングを学ぶ環境さえ整備されれば、世界に向けて多数の優秀なプログラマーを供給する一大拠点になる可能性を秘めています。

バングラディシュという国がどんな国なのか?どのような可能性があるのか?現地の生の声を聞けるチャンスです。お気軽にご参加ください。

●会場 福岡デザインステージ|dPlus
〒810-0074 福岡県 福岡市中央区大手門2丁目3-13
●日時 12月4日(金)18時~
●交流会参加費 お一人様1,000円

講師:株式会社Edoo
代表取締役社長 井原啓登氏

バングラデシュに住む無職の若者向けにオンライン・プログラミングスクールを設立・運営し、現地に設立したプログラミング受託開発会社がスクールの修了生を雇用することで就職保証を実現。WEBサイトの製作や常駐型ラボ開発などによってバングラディシュと日本の架け橋となるITビジネスを展開中。

 

お申し込みはお気軽に
https://www.facebook.com/events/439873692871929/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

PAGE TOP